淡路島のお線香お香製造元
淡路島、お線香お香の製造元・淡路梅薫堂



 ●
淡路島 お線香・お香の
   名物・好物甘茶香
         ●



神様と仏様にお願いして良いのは「名物・好物甘茶香」

仏様のご馳走願いを叶う!





神楽の舞のように、先に神様がお楽しみ頂いた後にお願いをすると良い★★★

淡路島のお線香、仏様のご馳走甘茶香のお接待で喜ぶ大黒様。淡路島のお線香、仏様のご馳走甘茶香のお接待で喜ぶ恵比寿様。
(大黒様と恵比寿様に甘茶香を接待した時)


仏様のご馳走をお接待すれば、仏様に真剣にお願いを聞いてもらえる。




神様と仏様の好物「甘茶」は神々が天上界で飲まれている神聖な甘露。




甘露は天子が仁政を施すとき、天がそれに感じて降らせるという甘いつゆで、選ばれた者に降り注ぐ。



施主は利休。



◎会社概要


@百貨店の催事


Aお線香の意味・マナーと作法


B本場のお線香・お香工場見学、淡路島観光


C神様と仏様の好物、甘茶香


D仏様のご馳走甘茶香


Eお墓参りに高級神戸ビーフステーキ


Fお盆の始まり


G豆知識


H仏教用語


◎リンク集


◎ブログ


◎役立つお話


◎淡路島観光オススメスポット


◎お願い事を叶える伝統・原点のオススメ旅、「淡路島旅行・淡路島観光

本田善美おばあさんはいつも拝んでいますが いつもいつもおなじお線香で願いは叶いませんでした1.

自分の好みのお線香を押し付けられたご先祖様は かなしくなってしまいました。2.

『佛さまのお好物はおもいやりです』 新たなお線香甘茶香からお為しあれ 善美さんは心くばり気くばりし 相手を察する心をしりました。3.

善美さんの心は安らかになり 拝む度に若々しくなっていきました。 相手を察する思いやりの物差しはぐんぐん伸びていき 佛さまも大よろこびです。4.


C神様と仏様の好物、甘茶香


お盆は仏になられるご先祖様が帰ってこられます。1.

甘茶香はご先祖様のお心を和ませ仏さまのお助けを授かります。甘茶香の薫香と共に今ある幸せに感謝します。2.

仏さまのお好み甘茶香のお蔭でみんな心をひらいて優しい気持ちになり地獄の鬼さんは暇になりました。3.

甘茶香をお友達に差し上げ振る舞いました。甘茶香は仏様のご馳走です。私達は目くばり、気くばり、心くばりのできる人となりました。4.


Fお盆の始まり


★お線香とお香をお求めの場合、下記アドレスからもご購入頂けます。

淡路梅薫堂の通信販売部・平和通商



お問い合せ営業時間
 9:00〜12:00。
13:00〜16:00。

休日
日曜日。第二・第四土曜日。年末年始。盆。祝祭日

  淡路梅薫堂
  アワジバイクンドウ
  Awaji-Baikundou
 
 電話:0799-86-0065
メ―ル:awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp

 住所:兵庫県淡路市江井
事務所:2845-1
 工場:2738-2


MOBILE http://www.awaji-baikundo.com/i.htm
PC URL http://www.awaji-baikundo.com/