第25話

愚かにして愚かさを知るのは、愚かにして賢いと思うよりもまさっている。

愚かな人は賢い人と交わっても、ちょうど匙が味をしらないように、

賢い人の示す教えを知ることができない。

新しい乳が容易に固まらないように、悪い行いもすぐにはその報いを示さないが、

灰に覆われた火のように、隠れて燃えつつ、その人に従う。

愚かな人は常に名誉と利益とに苦しむ。

上席を得たい、権利を得たい、利益を得たいと、常にこの欲のために苦しむ。

過ちを示し、悪を責め、足らないところを責める人には、

宝のありかを示す人のように、仰ぎ仕えなければならない。



1話から31話の話の中で善いと思ったお話は印刷して下さい。
出かける際には鞄に入れるなどして、明日への向上心、日常の『心の支え、心の糧』としてお持ち下さい。

(第26話へ)

参考資料 仏教聖典

(淡路梅薫堂へ)

創業明治38年 淡路島お線香・お香、製造元
お線香・お香の初盆・法事お供えは大好物、仏様のご馳走甘茶香 淡路梅薫堂 株式会社
-Awajibaikundo-
656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1
   TEL(0799)86−0065           FAX(0799)86ー0224
E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp