お盆初盆参り新盆、法事一周忌お供え御供お線香、甘茶香

創業明治38年

お盆の始まりお盆とは。法事お盆初盆新盆一周忌お供えには仏様の喜ぶ御供・甘茶香/淡路梅薫堂  淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-


お線香 仏様の喜ぶ好物仏様のご馳走甘茶香。新盆初盆参りお供えに

お盆(盂蘭盆経に書かれています)。おとは。お盆の始まり。
新盆初盆参り法事お供え御供)やおもてなしは重要。

ご先祖様、故人への餞別は仏様の好物甘茶香をお勧めします。


餓鬼道に堕ちたご先祖様を救うのに、ご先祖様の生前の好物をもてなすのは好ましいとは言えない。

家族だけ大切にするのもお盆の始まりと同じで自分も餓鬼道に堕ちる原因。

お墓に様々なお花と、様々な良いお線香を供えるとお墓の格式や雰囲気が変わる。

お参りに来られた他の人やご先祖様、仏様へのもてなしになる。そこに拘りを持ち深めなければ気だけは救われるという。

お墓を買っても自らの時間・体力・精神力・財力・知力の犠牲を使って飾らなければ置いてあるだけの仏壇やない仏壇と変わらないといわれる。

精神性を高める仏壇とお墓。

皆が極楽に行けたなら、地獄で働く赤鬼・青鬼はリストラされる。
盂蘭盆会(お盆)は苦しんでいる霊を救う意味があります。
お盆には閻魔様でさえ休まれて(閻魔の日)地獄の蓋(ふた)が開くとか、先祖の霊が帰って来る日といわれます。

執行猶予を与えられたご先祖様は、まず子孫がお墓の前で良い功徳を回向してくれるかどうか心配しながら今まで築いた伝統や習慣を振り返り、お祈りしているのを見守っているといわれます。

運命の瀬戸際地蔵


お盆の始まりは釈尊の直弟子目連尊者様には神通力(超能力)があり、神通力を使い死者の世界を見ると、亡き母が天上界にも阿修羅にも畜生道にもいない、餓鬼道に落ち苦しんでいました。

目連様にはやせ衰え目をくぼませて水や食べ物を探して歩く母の姿が見えました。
驚いた目連様は神通力を使い母の元へ行き、水や食べ物を届けたのですが、母が手に取ろうとすると、水や食べ物は火炎となり燃えてしまいました。
何度持って行っても同じ事でした。 釈尊に母を救う教えを請いますと、「汝の母は我が子可愛さ(貪り)のあまり、他の子供には冷たい心で接し、人に施すこともせず餓鬼のように貪って、そして他を損ね餓鬼道に落ちた。(自他、好嫌、最上の苦しみを生むという計らい。我が子=自分の好きな香り=自分の好む物=自分の仏様=自分の家族)

そのわがままな心をあらためる為、今餓鬼道にいる。代わりに汝が夏の修行があける7月15日のお盆に沢山の人々に食べ物などを施して、そして有縁無縁の御霊に供養(施し)しなさい、その功徳によって母は救われるだろう」と説かれました。

目連がその通りにしたところ、母は西方極楽浄土の蓮池の中に咲いた一本の花の上に座り、にこにこ笑って仏の教えを聞いていました。 目連の供養が亡き母を地獄から救った話は時と共に広まり、それから生き残っている我々子孫の供養(布施)によって餓鬼道のような苦しみの世界に堕ちることのないように、ご先祖様にいい世界、極楽に生まれてもらいたいという願いからお盆が始まりました。それ以来、先祖や亡くなった人達が、苦しむことなく成仏できるようにと、子孫が報恩感謝を捧げ供養する日になりました。現在お盆には家族揃ってお墓参りに行き、丁寧に善い香りのお線香をどうぞと供えて周りのお参りに来られた人に心地良くなる機縁をもたらし、沢山の人々に振る舞うような模範となる姿が多く見られています。

伝教大師は、『己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり』と言い残されました。 自分の好き嫌いでなく仏様の好物をもてなすのは怒りっぽい心や欲の我を抑えなければできません。 そしてわがままな我欲を抑えて、自分の好き嫌いでなくその【わがそのまま】を改め仏さまや沢山の人々に喜んでもらう相手の事を考えた思いやりのお化粧した振る舞いのもてなしこそこれが慈悲の極みで、心を清らかにする最高の行為とされ、清らかな極楽に往生できる清らかな心を育てるそうです。大切なご先祖様が戻られるというお盆には、盛大にお盆に好物を乗せた振る舞い。

仏様に好まれる物を供養し、沢山の人に相手の事を考えたお線香などのもてなしをどうぞとお供えして差し上げましょう。

「真心」は偽りや飾りのないありのままの心、気持ち。誠心誠意、他に施し尽くす心。
「思いやり」とは人の身の上や心情について察する気持ち。



お盆には餓鬼道に落ちないようご先祖様だけに貪らず、浄土でお世話になる仏様にも好物甘茶のお接待をすると大変喜ばれ優遇されることでしょう。

甘茶香をお盆にお供えするのは美しい振る舞い!


「人が生きていくには沢山の生物の生命を頂くという罪を犯さなくては生きてはいけません」。

全ての生物には親がおり、大切な家族がいるはずです。

大切なご先祖様がお客様のように戻られるお盆には、仏様のお誕生をお祝いする仏様のお好きな「甘茶」を使ったお線香『甘茶香』を亡くなった方が仏様のご加護できちんと成仏し、仏様としてお誕生出来るように沢山の人々に向き合いご馳走してどうぞと差し上げましょう。

人は嗜好品や簡単なものには手を出しやすいといわれますが、楽は悪魔の投げた甘い餌といわれ堕落し後退してしまう場合も、美しい振る舞いの芸を築く機縁になり、善い伝統を築くのに前進する場合もあります。 神仏、ご先祖様が楽に見守れるよう 『感謝の心を形に』 仏様のお好みの『甘茶香』を、お盆に仏様のお好物を乗せて盛り上げ、美しい舞いをもてなしましょう。

仏様の好物を供える善行の功徳をご先祖様へ回し向けることによって、仏様の慈悲により『ご先祖様、皆様が浄土へ上がる』、浄土での幸せが益々増し、感謝の想いを形にご馳走するという思いやりと真心で振る舞う美しい果報で救われるといわれます。

人は行いの報いを受けます。好き嫌い 『貪りは地獄への餓鬼の道』。

お盆には相手の身の上や心情を考え、仏様のご馳走甘茶香のもてなしと、真心のお布施は 『極楽への人の道』。

・ お線香のこと 

・ 清浄甘茶香のこと

・ お墓参りのこと

・ 法事法要仏事マナー

・ 「喪中ハガキが届いたら」

線香通販 お香通信販売 平和通商喜ばれるご進物お線香甘茶香をご購入の方はこちらをクリック下さい。
通信販売お香、通販ご進物贈答、法事お供えお線香を合計金額2000円以上送料無料/平和通商
TEL0799−86−0241又は全国の有名百貨店催事でもお求め下さい。

(お線香お香/お盆、新盆、初盆、お供え甘茶香/淡路梅薫堂  最初の画面へ)

お盆、初盆、法事新盆一周忌のお供えに甘茶香

創業明治38年

お盆の始まりお盆とは。法事お盆初盆新盆一周忌お供えには仏様の喜ぶ御供・甘茶香/淡路梅薫堂  淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-

656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1

TEL(0799)86−0065           FAX(0799)86ー0224

E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp


Copyright © Awaji Baikundou Co., Ltd. All rights reserved.