ご恩を知る気配・・・

俺が、わしが…

で生きる世界からは、

【ご恩】を知る世界など

出て来る【気配】もない…



我と周りの関係も、

神様が舞台を

観ているように

【客観的】に眺める。


「心配り、気配り」は

【気】を付けて

裏に出来る影を

見るようなこと目



愚か者(未知がある)の

自覚をして

明らめようとする

【意識】がないと

表面では見えない。



こころに喜びが

大きいのは、

ご恩を知りご恩に報いたい
と思い、

このご恩の喜びを、

世のため人のために

自ら弘めていきたいと

願う心。



「人生は苦しみ」



物事がうまく

行かないのは、

世のなかのせいでも、

人の罪でもありません。



自分の愚かさ故。



気楽ばかりを好むと、

楽ではない

場所で大変です。



家が気楽なら

社会では大変ショック!



お寺や芸の道に行くと

【緊張感】のある

上手く薫りを使った

落ち着いた空間が

ありますね。

【家】にもあると

家族にいいですね。



人はないものを

求めるといいますけど、

【気楽なお線香】も

悪魔の投げた

甘い餌。



ぬるま湯に

どっぷり浸かると

もう出られませんダウンから、

その【気楽な伝統】

が作られる。

気楽な絆も。



気楽な家庭でも、

めり張りなく淀んで

(雰囲気などが

停滞して活気がなくなる)

しまわないよう

気が飛んでしまわないよう

好き嫌い計らわず

(嫌いは苦しみ)

御先祖様も安心して眠れる

【気】(精進)を

真ん中に整えるには

体調に合わせて

落ち着いた薫り(重いと感じる)の

お線香も用意すると

いいですね。

【ご恩を認識】

するにはまず習慣の

毎日同じお線香から

愚か者の【認識】をして

御先祖の築いた

今のご恩を知り

御先祖様の身分相応の

仏の馳走をもてなす



愚か者の自覚をして

家庭の見えない闇(お蔭様)に

みほとけの光を射すキラキラ

家を三軒もつより

毎日の食事のお線香を

三種類持つ方が

優れている
(お線香お香/淡路梅薫堂最初の画面へ)

創業明治38年

仏様にお願い言って良いのは、名物・好物・甘茶香。
仏様のご馳走願いを叶う。
お線香お香 淡路梅薫堂

淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-

656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1

TEL(0799)86−0065       FAX(0799)86ー0224

E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp


Copyright © Awaji Baikundou Co., Ltd. All rights reserved.