御先祖様という【りんごの木】

アダムとエバは禁断の果実を食べたニコニコ



それはどんな果実だろうか???



種は何処かへ捨てたのか?食べたのか?植えたのか?



何不自由なく、生まれながらにして住む所もエホバ(神)に与えられていたのにサタンにそそのかされたシラー



りんごの木クラブはりんごの身と種から見ればご先祖様目



木から実はなりますからお蔭さまの心で感謝する。



種があり実があるわけでなく、木があり実があり種がある。



実から潤いを頂き、種はいつか木になる。



いつかはその林檎の名前で別の木になるか、土に変える(畑が小さいと別に庭を作ったりする。



他所の庭に入る種は、土が違い品種改良型になりますから前のりんごの名前がいいと種はいいますが、新しい名前を付けてもいいかも知れない)。



エホバ(父)が唯一禁止したことを破り…食べてしまったちえ(般若)の実リンゴ



そしてエバ(女性)からアダム(男)にも食べるように勧めた(智恵を身につけると、小面から般若の面のように?



まるで天がこしらえた住む家はあるけど、そこを離れて新居のマンションカタログを見せるよう)。



何事も御先祖様の服装にあわせるといいといいますが、楽は楽を進める(周りを意識、尊重すれば儀式になり、肉を食べるのもナイフとフォークで厳かに頂戴します。



楽を進めたら手で食べるハンバーガーになり気楽に簡単に頂ける。


楽は求められ易いので提案するようですが、楽なところには楽な人も集まるから注意が必要)。



Little Japan-110911_155411.jpg
父(神)は天ではなくなり、地が旺んになり、人は自由で堕落し神の国を追放されたショック!



りんごの木に当たる御先祖様(天)があって実がなった目



そのご恩に感謝して、天を崇める行い。



天を大切にしない家庭では、【人(子供)が堕落して繁栄は難しい】という。



周りを見渡すと、代々栄えている家庭では、伝統を重んじ先祖を敬っている家庭が多いのでは?



白は染まり易いといいますが、一度子供が楽に染まると中々抜け出せないといいます。



早い内に家族一緒に行う仏壇で三位一体の改革が必然です。



赤々と燃える欲望の世界において家族で緑を保つには…、



Little Japan-110916_100732_ed_ed.jpg
家族で三位一体を行い父が支える。



Little Japan-110916_100732.jpg
家族で皆の正義の味方なる満月


Little Japan-110916_100732_ed.jpg
皆に必要とされる家族で太陽、地球、月の関係になる(天人地で天を敬う)



Little Japan-110916_100732_ed_ed_ed.jpg
家族で皆の人気者になるにゃー




もうすぐ【報恩講】。

親鸞様が仏様として旅立たれた日(祥月命日)。



親鸞様に赤い蝋燭などで感謝を形に表す。



親鸞様は仏様になられていますから、仏様のご馳走「お好物の供養」も喜ばれる。



天災が各地で起こっていますが、鎮めるために静かな行事が営まれています。



お線香を供える時には、緒仏、緒菩薩、ひいては御先祖様にも届きますように…



形と心を整え供養するといいますが、



今年はもう少し想いを深めて親鸞様の基の木にあたる法然様。



その前のお釈迦様にも感謝の念を込めてもいいのかも知れませんひらめき電球


感謝の心は形を求め、形は心を進める。



感謝の発見するひらめき電球



感謝から【好物の甘茶香】でお祝いしお楽しみ頂き、お下がりの甘露(お釈迦様をお清めした甘い露)で貧乏神を洗い流して頂く。



きっと神様、お釈迦様は願いを叶える機縁になってくれるに違いない…ニコニコ



お彼岸も近い(9月20日【火曜】から26日【月曜】の七日間)ですが、上手く安全な向こう岸へ渡るには、ご存知のようにご主人(収入などが多くあり与える人【天】)が先導者にならなければ、



独り舟は楽(気を使わない)なテレビ番組などで休憩して中々進まないといわれる…



重く落ち着いた行事で大変なので、家を出た家庭でも伝統(重く深い)が続くでしょうか?



仏壇や神棚は雰囲気が出来る。高級な重い仏壇は置いておくだけなら重いから離れ易く、安価な軽い仏壇は置いておくだけなら軽いから離れ易い。



お金しか出していないもてなしや、お金も出していないもてなしは楽を進める台風



煤が出ない(蝋燭)、煙りが出ない(線香)のが仏壇(先祖の家)が汚れない(利)からいい。



汚れたなら拭けばいい(自らを使う利他行で心を洗う)といいます。



気をつけていないと子孫も家で親がいると大変だからと伝統を受けつぎ、家が汚れない方法に価値を見出だすかも知れません。



お茶席のように、家族が心をひとつに日々御先祖様にお線香でもてなすことが大切かも知れませんニコニコ



「忙しい」と誰かが手を抜きしますと、三位一体伝統の積み木は簡単に崩壊し易い。



嗜好品(楽で浅く軽い)ではないおもてなし。



それは最初の木(本家)を奉り【線香にこだわる】ことから始まるのかもしれませんねひらめき電球


有り難い、仏様のご馳走願いを叶う。



「子供を落とさない…」

「子供が堕ちる前に…」

「子供がいうことを聞き、禁止事項を守る内に…」



飴(母の優しさ)と鞭(父の【威厳】厳しさ)で整える。



どちらも優しく甘いのは、楽になって何処かへ飛んで行く台風



三位一体のもてなしを行うにはまず仏様のご馳走【甘茶香】から始めてはいかがでしょうか?・・・
(お線香お香/淡路梅薫堂最初の画面へ)

創業明治38年

仏様にお願い言って良いのは、名物・好物・甘茶香。
仏様のご馳走願いを叶う。
お線香お香 淡路梅薫堂

淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-

656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1

TEL(0799)86−0065       FAX(0799)86ー0224

E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp


Copyright © Awaji Baikundou Co., Ltd. All rights reserved.